#‎さわたかし による作品レビュー! #3

Go Back

#‎さわたかし による作品レビュー! #3

『 Lucas Brunelle Goes To Chernobyl 』
(邦題案:チェルノブイリ・ダークツーリズム・ライド)
1986年4月26 ウクライナ(旧ソ連)はプリピャチのチェルノブイリ原子力発電所で発生した原発事故。大惨事の現地は今なお立入制限されている区域(通称「ゾーン」)がある。まるでタルコフスキーによって映画化されたレムの小説「ストーカー」そのもの!BFFでもおなじみのルーカス・ブルーネルは、仲間と共に立入禁止区域へのライドを決行する。ヘルメットカメラとガイガーカウンターを持って。「ゾーン」での朝日の皮肉な美しさにただただ圧倒…。
究極の「ダークツーリズム」ともいえる本作を快く思わない観客もいるだろう。まるで30年後のフクイチを想起させるから。しかし自転車は世界を知るため、忘れないための道具にもなる。

10月31日 18:00 – 20:00 プログラム1
http://www.bicyclefilmfestival.com/city/tokyo/tokyo-program-1/

11月1日 12:00 – 13:40 プログラム2
http://www.bicyclefilmfestival.com/city/tokyo/tokyo-program-2/
チケットはこちらから!

TICKETS

FB : https://www.facebook.com/takashi.sawa?fref=ts
instagram : t_sawa

Recent Posts

  • BIKESROCK

Comments are closed.